外壁塗装をするなら実績のある専門業者に依頼しよう

ハケ

塗装業者選びのポイント

千葉には工事を外注に託す営業業者と自社で外壁塗装を行う業者がいます。自社で施工する場合、余計な部分に経費がかからないので手抜き工事の可能性は少ないと考えられます。最終的な会社選びは事務所に直接出向いていって実態を把握すると安心です。

作業員

塗装で耐久性アップ

埼玉は、中心部以外はマンションなども少なく戸建ても多いので、外壁塗装を扱う業者も多いです。業者の方は、耐久性を高めるために汚れおとしから3層塗りまで、色々と作業してくれます。家を長持ちさせるためにもぜひ外壁塗装をご検討ください。

一軒家

熱による外壁の劣化を防止

日差しが強く、鉄筋コンクリート造の住宅が多い沖縄では、外壁が熱で比較的短期間で劣化します。しかし外壁塗装によって断熱性のある塗膜を張れば、劣化は防がれやすくなります。ただし、油性の塗料を多く薄めずに塗る業者を選ぶことが大事です。これにより、熱はもちろん風雨にも強い塗膜が形成されるのです。

美しく頑丈な外壁に

塗装

効果と塗料の種類

外壁塗装とは、外壁を美しく強固な状態にするための室外工事です。木工工作や紙粘土工作では、仕上げとしてニス塗りをしますが、これにより作品は艶やかになる上に、劣化しにくくなります。それと同じで外壁塗装も、外壁を塗料で飾ったり守ったりするために行われているのです。具体的には外壁塗装により、外壁の見た目は大幅に異なってきます。茶色の外壁でも、白い塗料を塗れば白くなりますし、同じ茶色系の塗料を塗ったとしても、塗膜が新しいので光沢で美しく見えるようになるのです。さらに塗膜が隙間なく張られることで、雨水や風で飛んできたゴミなどが直接外壁に当たることはなくなります。つまり防水効果と防汚効果とが期待できるということですから、これにより外壁の強度も美しさも保たれやすくなるのです。ただし長い年月が経過すると、塗膜自体が劣化することで、外壁塗装の効果は失われていきます。したがって外壁塗装は、塗膜が劣化する前に再度行うことが肝心とされています。塗膜の耐用年数は使う塗料によって異なっていて、基本的には価格の高いものほど長持ちします。たとえば光触媒塗料やフッ素系塗料は、耐用年数が約20年と長いのですが、その分価格が高く、一戸建ての外壁全体に塗る場合で、約100万円の費用がかかります。アクリル系塗料を使った場合は、費用は50万円ほどで済みますが、その分効果の持続期間は5年程度となります。そのため多くの人が、外壁塗装にシリコン系塗料を選択しています。耐用年数が10〜15年と長めとなっている上に、かかる費用が70万円ほどなので、費用対効果の高さから人気があるのです。